social-limixのブログ

このブログは、様々なジャンルのお役立ち情報や考察を書いていくブログです。

【ダンメモ】プレイ日記002 ~英雄願望~

日々着実にランキングを上げています。

ウォーゲームの話です。

私は無課金なので英雄まで届きません。(今まで)

ですができるだけの石を獲得したい(笑)

そして無課金でもいつか英雄になりたいです!!

 

ということで今回のウォーゲームで使用しているパーティーの紹介です。

 

 パーティー編成

f:id:Ugren:20181112094652p:plain

 

ほとんど物理特化のパーティーになります。

メイン、サブをそれぞれ紹介していきます。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

メインメンバー

  • 英雄・ベルくん(5凸)+ バイト・ヘスティア(5凸)
  • 配布・エレン(5凸)+ 夜会・ヘファイストス(5凸)
  • 水着・ティオネ(4凸)+ ☆3・リュー(5凸)
  • 初期・リヴェリア(5凸)+ 温泉・ヘスティア(3凸)

攻撃役3人に回復役1人の構成です。

ベル、エレン、ティオネの攻撃が物理なのでバイトヘスティアと夜会ヘファイストスの恩恵がとても強いです。

バイトヘスティアの効果は、、、

「味方全体の力を15%上昇」させる効果です。

さらに、夜会ヘファイストスの効果は、、、

「敵全体の物理耐性を15%減少し、敵全体のガード率を10%減少」させる効果です。

この2人のアシストの効果により、物理ダメージがとても大きくなります。

よって、メインメンバーは必然的に物理寄りのパーティーになりました。

 

水着ティオネの技の一つに敵全体を攻撃し、さらに挑発をつけるものがあります。挑発をつけながら耐久を大幅に上げてくれるのでとても有効です。

せっかく狙われやすくなるならばと思い☆3リューを水着ティオネのアシストにしています。

水着リューの効果は、、、

「カウンター率を15%上昇」するという効果です。

 なので狙われながらカウンターでダメージを稼げるようにしました。

 

最後に初期リヴェリアですが、ぶっちゃけ回復役で5凸できているのがこのリヴェリアしかいないので使ってます。(笑)

アシストのほうがちょっと戦略考えてます。(笑)

温泉・ヘスティアの効果は、、、

「敵全体の力を15%減少」するという効果です。

対魔法パーティーの場合、物理攻撃のほうが先に動ける可能性が高いので先に倒してしまおうという魂胆です。

そして、対物理パーティーの時は殴り合いになるので相手の攻撃力を落とせる温泉・ヘスティアをメインのアシストで採用しました。

 

サブメンバー

 

 英雄アイズは完全に単騎を相手にするキャラです。

うまくHPの減った相手を落としてくれると嬉しいな、、、といった願望から入れています。ロキを入れている理由はアイズだから勝手にアシストにいました。(笑)

お察しの通り、特に理由はなかったり、、、(笑)

 

最後にパンデミックラウルです。

うまく4凸まで引けたので入れています。あとここにきて魔法攻撃型のキャラになります。

敵が物理耐性に特化していたりした場合メインメンバーが押し切られてしまう可能性もあります。

そして、パンデミックラウルは魔法攻撃と同時にHPを回復できるキャラです。

回復役なしでもある程度戦える魔法タイプになります。

なので、最後に出すようにしました。

 

アシストのパンデミックリヴェリアはラウルとの相性がとても良いキャラです。

効果が、、、

「敵全体の雷属性耐性を10%減少し、味方全体のHPを毎ターン10%回復」するという効果になっています。

パンデミックラウルの魔法は雷属性の魔法です。更にHP回復効果がアシストと技の効果で重なるので、攻撃面と耐久面の両方を向上させられます。

なので凸1ですがパンデミックリヴェリアをアシストにしています。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

さて、こんなパーティーで進めていった結果現状がこんな感じです。

f:id:Ugren:20181112111400p:plain

とりあえず100戦までやりました。

なんと全勝しています。(笑)

まぁ5凸割といる結果ですね、、、。

フォローすら0で私しかいません。本当にソロプレイヤーなんですよ?(笑)

この調子で勝ち進めればいいんですが、、、

おそらく負け始める気もしています。(笑)

ちなみに「猛者III」の報酬は石600個になります。

なんと15連分です!! うまい!!

 

パーティーがもう無課金と言い難いかもしれませんが本当に無課金でここまで来てます!

 

皆さんも残り約2日間頑張ってみてください!!

 

以上、ダンメモプレイ日記でした。

 

 

www.social-company.site